おせち料理にはゲン担ぎの意味もあります

おせち,ゲン担ぎ

おせちはお正月を迎えると何気なく食べていたという方も多いのではないでしょうか。普段はあまり食べないような伝統的な和食が多く、洋食を食べ慣れている方の中には物足りないと感じている方もいるでしょう。最近ではローストビーフなど伝統的なおせちには無い食材やメニューを使ったものも人気で時代の移り変わりを表しているとも言えるでしょう。そもそもおせちとは何のために存在しているかご存知の方もいるのではないでしょうか。おせちは日持ちする料理が多く、これはお正月は家事をお休みできるようにという意味合いがあります。昔は冷蔵庫もなく簡単に食べられるレトルト食品もありませんでしたから、毎日の料理は今と比べるととても大変な業務であったのではないでしょうか。また、それぞれの食材にはゲン担ぎの意味も込められています。例えばお雑煮は餅のように粘り強く、昆布はよろこぶ、海老は腰が曲がる様を表し、腰が曲がるまで長生きするというような意味があります。黒豆は苦労してもマメに生きる、田作りはその名の通り、豊作祈願が込められています。他にも伝統的なおせちには色々な意味が込められていますので、一つ一つ意味を噛み締めながら食べてみましょう。
年末で年賀状印刷がまだの方はhttp://xn--swq63c20a71twwdfxqs3twt1c.jpn.com/コチラ

縁起物の食材が使われるおせち料理

おせち,ゲン担ぎ

おせち料理には縁起物とされる食材が多用されるため、深い意味のある食事となります。数の子については、子宝の象徴として添えられるものです。沢山の卵がついている数の子を食べることで、安産を祈願するわけです。煮豆については、マメに過ごせるようにという願いが込められています。 紅白蒲鉾については、紅白という色が縁起物であるとされているために珍重されます。赤い色については魔除けの意味があるとされ、白い色については無垢や清廉も意味しています。正月というハレの日には、邪気を払う赤い蒲鉾を食べて、さらに精神を清らかにする白い蒲鉾を食べることも意味深い習慣です。 おせち料理で欠かせない雑煮には、山海の珍味が使われます。餅は白米よりも栄養価が高くて、腹持ちもよい食品です。正月には縁起がよくて栄養価も高い餅を食べて、1年の無病息災を祈ったのです。雑煮にも蒲鉾が使われますが、地方によっては鶏肉も使われます。おせち料理の食材は実に多彩ですが、どれも意味が込められているものばかりです。ただ食べるだけで満足するわけではなく、願掛けをするような食材に満ちあふれています。煮豆にしても田作りにしても、食材の恵みへの感謝の気持ちも込められています。 398